高コレステロールとは?起きる可能性のある合併症などの危険性

高コレステロール 画像

まずはじめに高コレステロールというのは、
収縮期血圧(上)の数値が140mmHG以上
拡張期血圧(下)の数値が90mmHG以上
という状態のことです。

 

これは日本高コレステロール学会のガイドラインで
定められた数値ですが、健康的で理想的な血圧の
数値はと言うと収縮期血圧の数値が120mmHG、
拡張期血圧の数値が80mmHG未満です。

 

 

高コレステロールの原因と種類

 

大きく分けて2つの種類が高コレステロールにはあり、二次性高コレステロール・
本能性高コレステロールです。

 

二次性高コレステロールというのは、脳腫瘍・慢性腎炎・脳血管障害など
別の病気から起因して引き起こされる高コレステロールのことで、別名
「続発性高コレステロール」とも言われています。

 

動脈にかかわりのある先天性疾患・妊娠中毒症などで引き起こされる
高コレステロールも二次性高コレステロールに分類されます。

 

 

本能性高コレステロールというのは、原因が特に見当たらない高コレステロールで、
高コレステロールの悩む方の全体のなんと90%以上が本能性高コレステロールだと言う事です。

 

ハッキリとした原因がいまだに解明されていませんが、ストレス・
食事・運動などの様々な要素が絡み合って高コレステロールになってしまうと
考えられています。

 

 

高コレステロールによって起こる自覚症状

 

基本的に、高コレステロールになったとしても自覚症状は感じられない
されています。

 

自覚症状がない分、高コレステロールになっていたとしても見逃されやすく、
たとえ健康診断などで血圧のことを指摘されてもそのまま放置され、
悪化しやすい危険性があります。

 

自覚症状がないとは言っても、体内の血流が悪くなって起こる
体調不良などが高コレステロールのサインと考えられます。

 

高コレステロールのサインとしては、例えば頭痛・めまい・耳鳴り・肩こりなどの
症状があげられます。

 

しかし、必ずしも上記のサインが高コレステロールの症状とは断定できないので、
自主的に血圧をチェックしたり健康診断を受けるなど、自分で血圧を
管理するのが大切です。

 

 

起こる可能性のある合併症の危険性

 

一番危険なのが高コレステロールで起こる可能性のある合併症の危険性です。

 

自覚症状がないため何の対策もせずにいて悪化した高コレステロール状態により、
圧力に耐えるために心臓が肥大化、もしくは硬化してしまいます。

 

さらに悪化すると動脈硬化が引き起こされ、生命にかかわるような
心筋梗塞・大動脈流破裂などの重大な疾患が起こる可能性があります。

 

自覚症状がないまま突然重篤な症状が起きることから、高コレステロールは
別名サイレントキラーとも言われています。

 

 

可能性のある合併症

 

脳の合併症

 

高コレステロールが原因で動脈が硬く脆く変化します。
この動脈硬化がどんどん悪化することで、脳卒中が引き起こされる
可能性があります。

 

脳卒中には、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作があり、
すべて命の危険性がある重大な疾患です。

 

 

心臓の合併症

 

高コレステロールが長く続いていると、その圧力に耐えるために心臓の筋肉が
だんだん厚くなり心臓が肥大化します。
これを心肥大と言い、そのままの状態がさらに長く続くことで
血液を全身へと送り出すポンプ機能が弱体化し心不全が引き起こされます。

 

冠状動脈の硬化が進行すると、血流が詰まり途絶え、狭心症・
心筋梗塞を引き起こします。

 

 

目の合併症

 

目の中にある網膜の動脈硬化が進行すると、出血・網膜内・白斑が
引き起こされます。
さらに進行していくと眼底出血・視力障害を引き起こす可能性があり、
最悪失明の可能性も考えられます。

 

 

腎臓の合併症

 

肝臓の動脈硬化が進行すると肝機能低下、また腎臓の細動脈が
硬化してしまうことで腎不全が引き起こされます。
これが悪化すると腎臓が硬く小さくなり、最悪心不全を引き起こす
要因にもなります。

 

関連ページ

高コレステロールの症状とコレステロールが高くなってしまう原因は?
高コレステロールになると、どんな症状が起こるのか。またコレステロールが高くなる原因についてご紹介しています。
高コレステロール予防・改善に効果的な栄養素と成分とは?
高コレステロールを予防・改善するためには、どんな成分や栄養素を摂取するのがいいのか、ご紹介しています。
高コレステロールを予防・改善するためには?
高コレステロールを予防・改善にはどうすればいいのでしょうか?高コレステロールの改善策についてご紹介しています。